写り込む姿と自作フィギュアケース。

 

先日ブログを書いている際に、何やら背後に気配が…。

 

 

画面越しに見つめられていました。心霊的なものでなくてよかったです。

この他にも、ふと見るとねこタワーからこちらを見つめていたり…

いつから見てたんだろう?と少し怖くなります。ブルブル。

 

 

 

本日はまたしても我が汚部屋改造報告です。

 

 

今回は家にあった本棚でフィギュアケースを作ってみました。

 

それがこちらです。

 

反射して写る洗濯物がお恥ずかしい。

 

フィギュアは モンハン・こびとづかん などなど。

こびとづかんは私が集めていたものです。

その他は旦那のものです。

 

 

 

では、作成過程をご紹介します。

 

材料は、

・ 100均 B4クリアケース(硬質)

・ 透明丁番

・ マスキングテープ

・ 100均 マグネットシート

です。

 

写真に番号を付けた順に書きます。

 


本棚の扉を取り付ける部分のサイズを測って、クリアケースをカット。

クリアケース1枚につき扉2枚作れるので、これで1段分です。

外側の角がとがって危険なので角取りをしました。

最下段以外の段は丁番が扉と重なってしまうため、丁番が当たる部分をカット。

 


Amazonさんで購入したプラスチック丁番を付けて扉が開くようにしてあります。

↓ こちらが購入した丁番です。

プラスチック 蝶番 (10個組)

両面テープで貼り付けたのですが、透明故に両面テープが丸見え!!

貼ってあります感が丸わかりだったので、家にあったマスキングテープを上に貼って誤魔化しました。

 


このままだと扉がフワーっと浮いてしまうと思ったため、扉と本棚の接する部分にマグネットシートを付けて浮きを防止。

こちらも貼ってある感が出っちゃってますが、本棚も丁度黒だしまーいいか、で済ませました。

 

これで完成です!

 

手作り感満載の仕上がりですが、ちゃんとしたフィギュアケース買おうとするとめっちゃ高い!!

1万越えです。

置いてあるフィギュアが見えてホコリが入らなければいいか、という気持ちだったのでこれで十分かと思っています。

 

ただ、クリアケースの扉にトラさんの毛が吸い寄せられていきます。

たぶん、気づくと扉は毛だらけになっていそうです。

 

 

以上、自作フィギュアケースでした。

 

 

↓ 人気ブログランキングに参加しました。
応援のほどよろしくお願い致します。


茶トラ白猫 ブログランキングへ

 

↓ペット用品等、お買い物の際にどうぞ。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。